クリタ・ケミカル東海について

HOMEクリタ・ケミカル東海について

社会を支える水処理技術

水は、私たちのくらしに欠かせない、限りある地球の資源です。

水処理とは、私たちの社会や産業で使用される貴重な水を、目的や環境にあわせた水質にするための技術です。

たとえば、工場において安全かつ効率よくボイラを運転するためには、水処理技術が必要です。

工場の冷却設備では、水処理をすることにより、水に起因するトラブルを防止し、設備の省エネルギーに貢献することができます。

産業活動から出る排水は、浄化して放流し環境汚染防止に貢献しています。

最近では、排水の再利用にも取り組み省資源に役立てています。

適切な水処理管理は、環境負荷の低減に繋がります。

「水処理技術」とは、普段の生活であまり聞きなれない言葉かも知れませんが、実は、私たちの社会や産業に欠かせない水を最適な状態に保つ、重要な技術といえます。


クリタ・ケミカル東海という会社

当社は、栗田工業の水処理薬品・機器の販売及びメンテナンス・サービスを提供する販売特約店として事業を営んでいた、名古屋理水株式会社と岐阜理水株式会社が、名古屋西部地区と岐阜県全県においてより地域に密着したサービスを提供するために合併統合し、栗田工業の全額出資で平成17年12月1日に愛知県一宮市に設立されました。

さらに、三重県全域にサービスを拡充するため、平成21年9月に株式会社三重理水研究所を合併しました。

平成24年10月に本社事務所を一宮市新生へ移転しました。
平成28年7月に三重営業所を四日市市西浜田町に移転し、現在に至ります。



社員に会社の雰囲気を聞いてみると、「誰にでも話しやすい」
「疑問に思ったらすぐに解決してくれる先輩がいる」「みんな仲が良い」…という答えでした。



事業概要

当社は、1)水処理薬品・機器の販売と付帯するメンテナンス・サービス業務、2)水処理・環境装置類の維持管理業務、3)管工事の設計・施工を行う会社です。

当社の業務は、水処理薬品の販売によるお客様の課題解決に留まりません。 設備のさらなる安全・安定稼働を維持するため、プラントや工場周辺へ視野を拡げ、水のトータルエンジニアリングサービス、維持管理サービスも行っております。

総合的な水処理のマネジメントを通じて、お客様の「水と環境」に関する課題の解決に全力で取り組み、自然と人間が調和した豊かな環境づくりに貢献します。


クリタ・ケミカル東海がお客様とのパートナーシップで実現した2013年度の環境改善効果

クリタグループでは、お客様にご採用いただいた改善提案による環境負荷低減量を、独自の指標である「顧客環境改善効果」として把握しています。

2013年度のクリタグループ全体のCO2排出削減量105,744t-CO2/年のうち、当社は536tのCO2削減に貢献いたしました。




顧客環境改善効果

※1 試算に使用したCO2排出係数は次の通り。電力(国内顧客向 0.47kg-CO2/kWh、 中国顧客向 0.766kg-CO2/kWh)、
   都市ガス:2.23kg-CO2/㎥、A重油:2.71kg-CO2/ℓ、上水・下水:0.65kg-CO2/㎥。
   電力は2012年9月に電気事業連合会が公表した「電気事業における環境行動計画」の換算係数を使用しています。
   また、節水によるCO2排出削減量を含んでいます。
※2 全国地球温暖化防止活動推進センター「家庭からの二酸化炭素排出量」